すべてに万能なPDFファイルについて

こんにちは! いーくんです。

会社のパソコンで縦長チラシをPowerPoint作った場合、複合機などのビジネス用トナーで印刷するときれいに印刷されますが、コストが高くなってしまいます。

家庭用のインクジェットプリンターは、水性インクを使っているケースが多く印刷時間もかかってしまい、仕上がりも今ひとつなのでアスクルやプリントパックなどで印刷するのがオススメです。

イラストレーターで作られたファイルもPDF形式に変換すると、ソフトが入っていないパソコンでも開きます。

印刷サービス会社へファイルを投稿するときも、イラストレーター以外にWORDでもEXCELでもPowerPointでも何でもPDF形式ファイルに保存すればOKです!

 

PDF形式のファイル

ご存じの方も多いと思いますが、アドビ社から提供されているPDFファイルはすべてにおいて万能です。

PDFとは、Portable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)の略で特定の環境に左右されずに全ての環境でほぼ同様の状態で文章や画像等を閲覧できる特性を持っています。1993年よりアクロバットリーダーの名称で無償公開されました。

その特徴は、

・作成した文書を異なる環境のコンピュータで元のレイアウトどおりに表示・印刷できる
・文書のセキュリティを設定できる
・圧縮してデータを格納することで、ファイルサイズを小さくできる
・しおり、リンク、注釈といった、文書を画面に表示するときに便利な機能を設定できる
・フォーム機能を使って、利用者の入力欄を受け取るような書式設定済み文書を作成できる
・音声化などアクセシビリティに配慮した文書を作成できる
・マルチメディアに対応している  などです。

(出典:ウィキペディアより)

PDFファイルを閲覧するには、無償のソフトをパソコンにダウンロードする必要があります。

Adobe Reader 8→Adobe Reader 9→Adobe Reader X→Adobe Reader XI →Acrobat Reader DC と順次新しいバージョンが提供されています。

 

Acrobat Reader DC

最新版のPDF閲覧ソフトAcrobat Reader DCは、↓ ↓ ↓

Adobe Acrobat Reader DC ダウンロード

↑ からパソコンにダウンロードして使います。

新しいパソコンを購入したときなど、必ず入れたいですね!

以前のバージョンを使っていた方は、少し画面が違っていることに気が付くと思います。

 

例として「東京都産業労働局HP」からデジタルパンフレッドを表示させ、パソコンにダウンロードしました。

URLは、http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/tourism/accessible/pdf/2018tbf_jp.pdf

このブラウザ表示されたPDFファイルをパソコンにダウンロードするとオフラインでも見ることが出来ます。

保存先:file:///C:/Users/usert/Downloads/2018tbf_jp.pdf

「ダウンロード」フォルダより最新のAcrobat Reader DCで開いた画面は↓ ↓ ↓

ちょっと見え方が違うのが分ります。

WindowsPCに、「Acrobat Reader DCアプリ」入れているとPDFファイルを開くことは出来ます。

画像文書の左エリアにあるのは、「しおり」といってページのインデックスが表示されますが、無料版のAcrobat Reader DCではなくイラストレーターや有料のAcrobat Proを利用するか?フリーソフトを使わないと作成出来ません。

右エリアにある項目はほとんどが有料サービスとなります。

試しに『ツール』というタブを開いてみると

たくさんのオプション機能が出て来ますが、ほとんど有料版を購入しなければならないと思って下さい。

「PDFを編集」を押すと ↑こんな感じで利用料金が表示されてしまいます。

 

まとめ

PDF形式のファイル

Acrobat Reader DC

いかがでしたでしょうか?

WORD、EXCEL、パワポなどMicrosoftOffice系ファイルを編集出来ないファイルとしてくれるPDFファイルは印刷用にもweb上でもマルチに使える優れものです。スマホでも見れます!

ただ、表示させて印刷するのは無料ですが、編集するには有料版を購入するしかないのです!