電子メール(e-mail)はどんな使い方していますか?

こんにちは! いーくんです。

パソコンを使い始めた1990年前後には秀丸エディタなどのメールソフトがありましたがe-mailを使っていませんでした。

Windows95を使い始めてから電子メール(e-mail)を使うこととなりました。

会社でもメールアドレスを与えられたのもこの頃でした。

 

電子メールとは?

使い始めた当時は何もわからず、情報システム担当が設定したくれたアドレスで受信、送信していました。

一回り上の上司は、手紙と同じように必ず印刷し返信も電話でしたり便利なe-mailをフルには活用していませんでした。

Microsoft Officeにはoutlookというメールソフトが入っていたのですが、Windows95には無料のoutlook expressというソフトもありました。

これらのデスクトップPCで使っていた電子メールは、メールサーバーより受信(pop)、送信(SMTP)するPOPサーバーというものでした。

使い始めた当時は、1人のメールサーバー容量も少なくデータ量が軽いテキスト形式ばかり使っていましたが、文字修飾出来るHTML形式へと進化していきました。

現在でもOutlookメールで添付できるファイルは、最大20MB以上は無理で10MBでも送るのがためらわれます。

2000年頃は、ビジネスメールに添付するファイルは1MB以内とすることがマナーとされていました。

恐らく現在でも3MB以上の添付ファイルを送るのは失礼なことになると思われます。

例文をパターン化したり、署名をつけたりメール自体の内容については企業ごとにルール化され育まれていきました。

カーボンコピー(CC)の使い方

ブラインドカーボンコピー(BCC)の使い方 等々

出張が多くなると、会社に出らなくてもメールが見れるようWEBメールというものが登場し、本当に便利になりました。

無料のメールアドレス

会社では、着々とメールをビジネスに使いこなししていきましたが、自宅のメールは見たくもないコマーシャルメールばかりが届きました。

個人でメールアドレスを取得するのには、ISP=プロバイダーと呼ばれる会社から取得しました。

OCNなら*****ocn.ne.jpというメールアドレスがもらえました。

メールアドレスが増えていったのは、無料のメールが取得できるようになってからです。

hotメールやGmailなどのwebメールは簡単に作ることが出来ました。

GooglenのGmailは2004年4月よりスタートしたそうですが、初年度から利用していたわけではなくhotmailを使っていました。

 

会社や自宅PCで使っていたメールは、ソフト側に設定が必要でしたが、WEBメールはIDとパスワードさえ入れたら受信も送信も出来るのです。

現在は、会社用メールアドレス、ホームページサーバーで作ったメールアドレス、自宅プロバイダーのメールアドレス以外はWEBメールを主に活用しています。

  • マイクロソフト社のoutlookメール
  • Google社のgmail
  • Apple社のicloudメール 等々

まとめ

電子メールとは?

無料のメールアドレス

 

パソコンから始めた電子メールは、今ではスマホで送信も受信もするようになっています。

outlook以外にもサンダーバードやベッキーというメールソフトも使っている方はいると思いますが、Microsoftから提供されるoutlook使用者が一番多いのではないでしょうか?

携帯メールも進化しているので、****@i.softbank.jpなどはパソコンメールとほぼ同じWEBメールとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です