今までのDocomoなどキャリア契約のときと比べてU-mobileと契約すると何がどう変わるのでしょうか?

Docomo,au,Softbankなどキャリアと契約されている方々は、余程のことが無い限り格安SIM会社に変更することが無いようです。

格安SIMが普及しない理由

Neverなどで格安SIMが普及しない理由として

(1)今の携帯会社の方が安心だから

その裏には「面倒だから」というものも入っているようです。

(2)サポート環境が整っていない

こちらは、最近家電量販店などで格安SIMを販売しているのでかなり改善されてきました。

ショップに行ってもiPhoneなどは教えてくれないケーズも多い為あまり差がなくなってきました。

故障対策のオプションなど新しいサービスも出て来たので、それ程格安SIMが劣っているとは言えなくなりました。

格安SIM会社U-mobileとの契約

始めてスマホを持つケースはあまり無いと思いますので、電話番号を引き継ぐMNPのケースを想定します。

ネットから申込みをする場合に必要なものが4つあります。

①まずは、現在契約しているキャリアの会社へ電話をしたりショップへ行って「MNP予約番号」をもらいます。

各社とも自分のお客様が離れていくのを引き留めようと色々な提案をしてくると思います。

何を言われてもキッパリと断って予約番号を発行してもらいましょう!

予約番号を入手したら、

②本人確認出来る免許証などをスキャンしてファイルを保存してください。

次に

③キャッシュカードと

④メールアドレスが必須です。

U-mobileの公式HPより申し込むプランを選び、申込みの画面に進みます。

「同意する」にチェックを入れてから、

MNP予約番号、携帯番号、SIMカードの種類や契約プラン、お届けの名前、住所、メールアドレス、クレジット情報、暗証番号などを入れ申込みます。

データ専用のSIMカードはこれだけでメールアドレスに確認のメールが来て完了です。

音声SIMの場合、本人確認書類のファイルを添付して申込み完了となります。

わりと簡単です。

SIMカードの装着

以前は、電話番号を使えない期間が3日ほどありました。現在は、設定するまではキャリアの電話が使える届出方式を選べます。

SIMカードが3営業日ほどで到着しますので、開通設定を行い1時間以内でU-mobile回線へと繋がります。

AndroidはAPN設定を変更します。

iPhoneはプロファイルをダウンロードすればOKです。以外と簡単です。

操作画面は↓こちらを参照ください。

「初期設定(APN)について」

※各プランごとにやり方が違います。

キャリア契約との違い

U-mobileの場合、NTTドコモの電波を借りているためスマホ上部にdocomoと表示され、LTE回線になると4Gと表示されます。

キャリアのメールアドレスが使えない以外、使っていた端末の設定は変更されてませんのでそのまま使えます。

契約先がDocomo,au,Softbankではなくなったので、毎月の料金確認などはU-mobileのマイページから確認することになります。

最後に、電話代が通常料金(40円/分)となってしまいましたので、半額になるアプリを入れて使います。

ユーコールアプリから電話をかけると20円/分になりますのでご利用下さい。

※U-mobile MAX 25GB専用の「3分50回かけ放題オプション」は、500円で3分まで50回/月電話かけ放題です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

キャリアとの契約をしていた方々は、SIMカードを交換するなどしたことが無いので難しいと感じてしまうかもしれませんが、実際にやってみるとそれほど難しいことではありません。

自分で出来ると思われた方は、是非24か月目もしくは25か月目に乗り換えを検討してみて下さい。

月々の支払が驚くほど安くなりますよ!

スポンサーサイト

Docomo,au,Softbankなどキャリアと契約されている方々は、余程のことが無い限り格安SIM会社に変更することが無いようです。
格安SIMが普及しない理由
Neverなどで格安SIMが普及しない理由として

(1)今の携帯会社の方が安心だから

その裏には「面倒だから」というものも入っているようです。

(2)サポート環境が整っていない

こちらは、最近家電量販店などで格安SIMを販売しているのでかなり改善されてきました。

ショップに行ってもiPhoneなどは教えてくれないケーズも多い為あまり差がなくなってきました。

故障対策のオプションなど新しいサービスも出て来たので、それ程格安SIMが劣っているとは言えなくなりました。

格安SIM会社U-mobileとの契約
始めてスマホを持つケースはあまり無いと思いますので、電話番号を引き継ぐMNPのケースを想定します。

ネットから申込みをする場合に必要なものが4つあります。

①まずは、現在契約しているキャリアの会社へ電話をしたりショップへ行って「MNP予約番号」をもらいます。

各社とも自分のお客様が離れていくのを引き留めようと色々な提案をしてくると思います。

何を言われてもキッパリと断って予約番号を発行してもらいましょう!

予約番号を入手したら、

②本人確認出来る免許証などをスキャンしてファイルを保存してください。

次に

③キャッシュカードと

④メールアドレスが必須です。

U-mobileの公式HPより申し込むプランを選び、申込みの画面に進みます。

「同意する」にチェックを入れてから、
MNP予約番号、携帯番号、SIMカードの種類や契約プラン、お届けの名前、住所、メールアドレス、クレジット情報、暗証番号などを入れ申込みます。

データ専用のSIMカードはこれだけでメールアドレスに確認のメールが来て完了です。

音声SIMの場合、本人確認書類のファイルを添付して申込み完了となります。

わりと簡単です。

SIMカードの装着
以前は、電話番号を使えない期間が3日ほどありました。現在は、設定するまではキャリアの電話が使える届出方式を選べます。

SIMカードが3営業日ほどで到着しますので、開通設定を行い1時間以内でU-mobile回線へと繋がります。

AndroidはAPN設定を変更します。

iPhoneはプロファイルをダウンロードすればOKです。以外と簡単です。

操作画面は↓こちらを参照ください。

「初期設定(APN)について」

※各プランごとにやり方が違います。

キャリア契約との違い
U-mobileの場合、NTTドコモの電波を借りているためスマホ上部にdocomoと表示され、LTE回線になると4Gと表示されます。

キャリアのメールアドレスが使えない以外、使っていた端末の設定は変更されてませんのでそのまま使えます。

契約先がDocomo,au,Softbankではなくなったので、毎月の料金確認などはU-mobileのマイページから確認することになります。

最後に、電話代が通常料金(40円/分)となってしまいましたので、半額になるアプリを入れて使います。

ユーコールアプリから電話をかけると20円/分になりますのでご利用下さい。
※U-mobile MAX 25GB専用の「3分50回かけ放題オプション」は、500円で3分まで50回/月電話かけ放題です。

まとめ
いかがでしたでしょうか?

キャリアとの契約をしていた方々は、SIMカードを交換するなどしたことが無いので難しいと感じてしまうかもしれませんが、実際にやってみるとそれほど難しいことではありません。

自分で出来ると思われた方は、是非24か月目もしくは25か月目に乗り換えを検討してみて下さい。

月々の支払が驚くほど安くなりますよ!

<スポンサーサイト>